医療費控除は受けられる?

 

医療費控除とは、本人や一緒に生活している家族が支払った医療費の合計が、1年間を通して10万円を超えた場合や、総所得の5%以上の場合に税金が還付されるものとなっています。税務署への申請が通れば、確定申告で税金が還付される可能性は大きいのです。

 

健康保険の適用外になっているレーシックについてですが、医療費控除の場合は、控除の対象になると言われています。手術の費用が高額となっているレーシックについては、高額療養費の払戻制度の対象にもなっていません。

 

入院給付金の出る生命保険に加入していない方の場合には、何の補助もないという事は頭に入れておく必要があります。つまり全て自己負担という事です。

 

レーシック手術費用が医療費控除に適用される事で、還元される税金も大きくなります。是非、申告するようにしましょう。しかし、レーシック手術が医療費控除の対象になるかどうかについては、税務署の判断となってきます。

 

手術を受けた後に税務署に問い合わせてみるようにしましょう。また、申請する為には書類が必要となってきます。きちんと申告に必要となってくる書類は保管しておく必要があります。また、後々書類を提出する際に困難にならないように、手術費、検査費など全ての領収書をまとめておくようにしましょう。

 

書類がないと申告する事ができませんので、きちんと保管しておく必要があります。しかし、医療費控除は10万までとなっていますので、10万以上かかっているからたくさん、還付されるというわけではないのでそれは知っておくようにしましょう。

 

手術を受ける際には、どんな手術でも書類や領収書をとっておくようにし、税務署に確認してみるようにしましょう。レーシック手術については健康保険の適用されない為に、大きな金額自己負担となってしまいますが、先の事を考えると、メガネやコンタクトを長い間利用する事で手術にかかる費用は長い目でみるとメリットになっています。