生命保険の保険料はもらえる?

 

レーシック手術と生命保険についてですが、生命保険の内容で貰う事ができる場合もあります。任意加入の生命保険や医療保険の中にはレーシックが適用になる場合があるのです。レーシックを受ける前に保険会社に、給付金の支払いについて確認してみるようにしましょう。

 

最近ではレーシックの普及・実績に伴って、保険内容に給付金が支給されるものもありますので、自分でわからない場合には保険会社に確認するようにしましょう。自分が持っている契約内容を確認して、保険会社の担当者に電話をし、明確にする事が必要になってきます。

 

若い方はそうでもありませんが、年配の方は「目の手術」と感じる方もいます。きちんと電話で確認する際には、「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えるようにしましょう。目の手術といっても話が明確に進まない場合もあります。スムーズに進めるためにはきちんと「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝える必要があります。

 

レーシック手術を受ける前に給付金が該当する保険に加入したとしても、すぐに給付金が支給されると期待はしないようにしましょう。保険給付金を目当てに手術をしたり、入院前に加入したり、給付金の支払いを迫る悪質なケースも現実的に多いのです。

 

そのため、きちんとした期間保険を支払っている方しか給付金を貰う事が出来ない場合もありますので保険に加入する際にはきちんと自分の契約内容を把握しておく必要があります。

 

意図的な保険の加入については、契約前に、遡り契約破棄を行える場合や、給付金の支払いは2年以降となってしまう場合もあります。給付金の支払いの期限がついているものもあり、最近はたくさんの種類があります。

 

保険の内容に「レーザー角膜屈折矯正手術」も支払いが可能な場合には給付金を貰う事できますので、そんな方は手術費用面も負担が軽くなるのでお勧めです。

 

しかし、「レーザー角膜屈折矯正手術」で保険を貰う事ができる契約内容の方はごく稀で、年々増えてはきていますが、最近の事で支払いのケースも少ないようです。