レーシックが受けられる条件

レーシック手術を受けるには条件があります。誰でも手術を受けることができるとは限りません。事前に適応検査がありますが、検査の結果が認められた方のみ手術を行うことができるのです。平均的には4人〜5人中に1人が不適応と言われています。

 

また、検査の結果でクリニックによって差があり、不適応と診断された場合、他のクリニックでは可能の場合もあるようです。クリニックによって判断が異なってくるので、なるべく大手のクリニックを選択するようにしましょう。

 

20歳未満の方は手術を受けることができないクリニックと、18歳未満手術を受けることができないクリニックがあります。矯正手術を行うにあたっては、いろいろな理由や動機があると思います。そんな方はきちんと相談してみるようにしましょう。年齢制限されていますが、2歳の差と思う方と2歳も違うのという方、考え方はそれぞれだと思います。

 

しかし、重要になってくるのは、自分の判断となってきます。目の成長の事もしっかり考えるようにして決める必要があります。

 

検査の結果により手術ができない方ですが、代表的には、角膜の厚さが不充分な方も手術は不可能となっています。また、近視の強すぎる方も自分が望んでいる視力まで回復できるかどうかの判断によってできない場合もあります。

 

また、目に病気がある方、白内障や、緑内障、ぶどう膜炎、円錐角膜、網膜疾患などの病気がある場合には、治療が優先となります。治療がきちんとできれば手術できる場合もありますが、治療を行い、結果次第で手術ができるかどうか決まります。

 

様々な事が原因となって手術ができない場合もありますが、手術を受ける条件としては、医師の判断で異常がない方のみ手術を受けることが可能となっています。検査結果や年齢の差はありますが、クリニックはきちんと納得の行くように説明を行ってくれますので、その事を頭に入れておくようにしましょう。

 

別のクリニックに行く方もいますが、それが最終的に良い結果になるかどうかはわかりません。