イントラレーシック

 

イントラレーシックとは、マイクロケレトームではなく、イントラレースFSレーザーという医療用のレーザーを利用してフラップを作成するレーシック手術の事を言います。

 

従来のマイクロケラトームは、角膜の表面を切ってフラップを作成していたので、フラップの断面が少し凸凹になってしまうような欠点がありました。しかし、イントラレーシックは、角膜表面を切断する事ができますので、断面が平坦できれいに仕上がるというメリットがあります。

 

通常の手術ではフラップの断面によって、術後の見え方などに差が出てくると言われていましたが、イントラレーシックでは、視力の質に差がないという事がいろいろな調査で分かっています。イントラレーシックでは、コンピューターの制御の下でフラップを作成するようになっています。

 

なので、従来のレーシックと比較すると医師の技術に頼る部分が少ないので、安全で高密度な手術を行うという面が、イントラレーシックの大きな特徴となっています。

 

イントラレーシックの手術の流れですが、手術前に医師によるカウンセリングを受けます。その後、目を洗浄します。点眼液で局部麻酔を行います。イントラレースFSレーザーを照射して、フラップを作成します。フラップをめくって、エキシマレーザーを約20秒間照射する仕組みになっています。

 

レーザーを照射後、フラップを戻し分泌物を洗浄して、自然に接着させるのです。レーシック手術の技術はどんどん進化してきています。視力が低下している方ほど角膜を深く削る必要があるので、技術が必要となっていましたが、イントラレーシックでは深く削る事が出来るようになっていますので、技術面でも心配はなくなってきています。

 

また、イントラレーシックは一般的なレーシックと比べると、手術後に一時的に起こるドライアイになる可能性も低いという大きなメリットもあります。しかし、イントラレーシックを行っている眼科はまだ少ないという事が現実です。これから増える可能性はありますが、今はまだ少ない状態です。