インフォームドコンセント

 

レーシック手術は、専門の病院といっても各病院やクリニックによって技術や術式、使う機械なども異なってきます。専門医の判断と手術を受ける本人の希望によってそれは決まっていきます。しかし、手術を行う際、どんな、リスクがあるのか、メリット、デメリット、合併症や感染症など、いろいろな情報は集めるようにし、自分なりの症状など把握しておく必要があります。

 

インフォームドコンセントの中で病院側については、手術についてのメリットだけでなく、デメリットやリスク、その中の症状などきちんと患者がわかるように説明を行っていかなければなりません。患者が納得してから成立となります。

 

レーシック手術、施術は簡単で短時間で終わるようになっています。患者への身体への負担も少ない手術ですが、100%安全なものとは言い切れません。医師の指示に従う事がどれだけ大事かという事もきちんと伝える必要があります。ケアを怠ってしまったら、目に障害が起きてしまう可能性も否定できない状態なのです。

 

自分の目の状態をきちんと把握するようにして、手術によってどれだけ改善できるのか、最初は、近視矯正手術について、担当医と自分が納得いくまでカウンセリングを行う必要があります。迷いや不安があるまま手術を受ける事はオススメできません。

 

カウンセリングで、自分が不安に思っている事や疑問に思っている事などきちんと質問する必要があります。その質問に対して医師がどのように説明してくれるかも重要になってきます。きちんとわかりやすく自分が納得する回答でない場合はきちんと聞きかえす必要があります。

 

レーシック手術を行う際のトラブルは自分の心がけや、臨む姿勢がどうかで回避できる事も多くあります。現実的に考え日常を生活していく上で、目はとても重要です。その事を頭においてきちんと冷静に考える必要があります。

 

視力回復が出来ると言う事だけで手術を行う事はやめて、手術後自分にどんなメリットが望めるのかきちんと考えて全てを把握した上で検討するようにしてください。