事前検査

 

レーシック手術を行う前に事前検査があります。検査の結果では、手術が不可能な方もいます。検査の内容ですが、眼圧、屈折率、角膜の厚さや角膜の形状、角膜内皮細胞の撮影、瞳孔径、涙の量などを調べる検査があります。

 

どの検査も手術を行う前にきちんと事前に調べる必要のある検査です。いろいろな機器で検査を行っていきますので、検査室にもいろいろな機器が並び緊張してしまう方も多いと思いますが、どの検査も簡単に行う事ができますので、心配する必要はありません。

 

一般的に行う視力検査は、誰でも行った事がある検査などでわかると思います。その他にも、機械で検査を行っていきます。

 

他覚屈折度や角膜曲率半径測定検査なども行っていきます。 事前検査はきちんと目の状況を判断するために、とても重要な検査なので、時間的には3時間〜4時間かかります。土曜日や日常はたくさんの方が来院している状態にあります。

 

事前検査の日ですが、なるべく運転は控えるようにしましょう。瞳孔を開く検査もありますので、その検査後は光がまぶしく感じる事もありますし、見えづらい状況が続く場合もありますので避けるようにしましょう。

 

日常で視力を矯正するために、コンタクトを使用している方は、検査前は控える必要があります。検査を行う前に制限がありますが、きちんと医師の指示に従うようにしましょう。

 

メガネを使用している方は、メガネを持っていくようにしましょう。また、日常に薬などを処方されている場合はそれも医師にきちんと伝える必要があります。

 

検査が終わると医師が説明を行ってくれます。視力の低下状況や、目の症状についても個人差がありますので、手術を受けるかどうか判断する必要がありますので、真剣に話を聞くようにしましょう。その後の事は後で検討するようにし、自分の目の検査結果や、状況はきちんと聞く必要があります。

 

また、自分が不安に思っている事や疑問に思っている事などがあればその時に医師に質問するようにしましょう。