飲酒・喫煙

 

レーシック手術を受ける翌日ですが、酒は控えるようにしましょう。麻酔は点眼薬を使いますが効きにくい場合がありますので、晩酌程度は大丈夫ですが、飲み過ぎには注意する必要があります。

 

また、手術を受けた当日は、飲酒、喫煙は絶対にしてはいけません。期間としては、飲酒は手術を受けて一週間程度は控える必要があります。一般的に、個人差はありますが医師の指示に従うようにしてなるべく三日〜一週間は飲まないようにしましょう。

 

喫煙ですが、手術後三日程度は控える事が望ましいと言われています。例えば自分がタバコを吸わなくても周に吸っている方がいる場所はなるべく控えるようにしましょう。喫煙は煙が目に入ってしまうので良くありません。手術後は三日程度、吸っている方は控えるようにし、吸わない方はなるべくタバコを吸う方の傍には寄らないようにしましょう。

 

日数はあくまで目安となっています。実際は医師に相談して、手術前の事や手術後の事、検診などで大丈夫か確認しておくようにしましょう。飲酒やタバコを控えるのは好きな人には難しい話かもしれませんが、とても大切な事です。

 

きちんと守る必要があります。手術後の回復に関係してくる事もあるのでなるべく、早く回復させるための注意点としては重要になってきます。

 

飲酒やタバコがなぜ禁止になるのかと考えている方も実際に多いのではないでしょうか?目の手術なのにと思っている方も少なくないと思います。飲酒や喫煙は視神経にも影響を及ぼすと言われています。飲酒や喫煙によって、視力の回復に影響が及ぶという可能性は少なからずあります。

 

できれば当分は控える必要がありますが、無理な方は三日間は必ずやめるようにしましょう。視力の回復が完璧になってからは問題ないので、それから始めてもいいと思います。最近は禁煙ブームとなっています。この機会にやめる方向で考えてみるのもお勧めです。

 

いろいろな面で注意が必要となってきますので、きちんと手術前に聞いておく必要があります。手術の回復を一番いい状態で実感できるように頑張るようにしましょう。