レーシックとスポーツ

 

レーシックとスポーツについてですが、スポーツにも様々な種類があります。ゴルフなどの目に強い衝撃が加わる可能性の低いスポーツの場合にはレーシック手術を受ける事に問題がある訳ではないので影響はありません。手術後一週間〜一ヶ月程経てば問題なく行う事が可能です。

 

特にスポーツを行う際には、メガネやコンタクトだったら、思い切りプレーが出来ない場合もあると思います。しかし、視力回復手術を行う事で、視力矯正が出来て、裸眼でプレーする事ができるので、自分が思うように動く事が出来ます。スポーツ選手なども手術の成果が認められている方もいます。

 

最近ではスポーツ選手の間で、レーシック手術での視力回復があるという事が広まっており、多くのスポーツ選手が手術を受けるようになってきています。スポーツ選手にとってレーシックでの視力矯正は人気を集めています。

 

しかし、手術後は、個人差もありますし、経過によって異なってきますが、一週間〜四週間程度は力を入れる必要がある仕事や、スポーツは避ける必要があると言われています。スポーツによっても期間がありますが、医師の指示があると思いますので、医師の指示に従うようにしましょう。

 

スポーツでも、格闘技などの激しいスポーツをしている方は、競技をするためには基本的に手術を受ける事は出来ないようです。でも、手術の種類を変える事で出来る場合もありますので、手術を望んでいる方は、なるべく大手の眼科に相談にいくようにしましょう。

 

格闘技の場合は手術が出来てもある一定の期間、格闘技を行う事が出来ないので、その事はきちんと把握しておくようにしましょう。また、メリット、デメリットを含め色んな範囲で考える必要があります。

 

最終的に手術を受けるかどうかは自分で決める必要があります。スポーツが出来ない期間などきちんと医師に聞いてみるようにしましょう。また、手術前に相談する事で医師もきちんと相談に乗ってくれて、手術を受ける時期などについても考えてくれると思います。