マイクロケラトームとは

 

マイクロケラトームとは、レーシック手術で使用している、超精密なカンナのような超小型電動金属刀の事です。エキシマレーザーを照射する為の、角膜層を露出させて照射後に元に戻すフタとなるフラップを作成する為に重要なレーシック専用の手術器具となっています。

 

眼球は球形なので、マイクロケラトームを使用する際は、眼球を強い吸引力で固定するようになっており、一定の厚さでフラップを作成する必要があります。

 

フラップで手術後の回復力の良い悪いは、効果や後遺症などに影響を及ぼしてしまう可能性もあります。一般的なレーシック手術ではマイクロケラトームの操作は熟練が必要になってくるのです。手術は少し前から行われるようになっていますが、最初は密度の悪いマイクロケラトームを使用していました。

 

その為に、フラップ作成時に角膜表面につなぐ役割をするヒンジを作る事ができずに、フラップが切り離されてしまう原因となり、フラップの1部が破損してしまうなどの、失敗例もあったようですが、マイクロケラトームも日々進化してきていますので、色んな面で安全性も確実になってきています。

 

マイクロケラトームだけでなく、レーシック手術自体に要する事についてほとんど初期とは違ったシステムとなってきています。年々研究が重ねられていますので、色々な情報などを集め手術を行う際にはきちんと最新機器のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

最新機器だけで選ぶのは危険ですが、なるべく色んな機能が整っているクリニックを探すようにしましょう。また、最新機器では経験した事がない医師だと危険ですので、色々な面をきちんと確かめる必要があります。

 

装備なども最低限は必要になってきますし、技術も大切です。術後のケアやサポートはきちんと整っているクリニックを選び、視力回復を目指すようにしましょう。一般的なレーシックを受ける際には、経験が豊富で、実績もありマイクロケラトーム操作に熟練した眼科医師がいるクリニックを選ぶ事がとても重要になってきます。