レーシックの仕組み

レーシック手術を受ける前にどうして視力が低下してしまったのか、きちんと把握するようにしましょう。視力が悪くなる原因として、角膜や水晶体の異常によって視力が低下してしまいます。また、水晶体など屈折調整機能が低下してしまうことでも視力に異常が現れてしまうのです。

 

水晶体などの異常によって視力低下してしまう原因としては白内障や緑内障が挙げられています。この2点を治療する方法としては、状況によって手術を行い、除去していく方法がとられています。

 

視力を矯正することができる方法として最近注目を集めているのは、レーシック手術です。メガネを愛用している方や、コンタクトを愛用するように、手術を行うことで矯正することが可能となっています。

 

それも、裸眼で生活することが可能になっています。角膜を手術して回復を図ることができるようになっています。日本では2000年に認可がおりて、安全性が確認されていますがその後患者数はかなり増えています。

 

芸能人やスポーツ選手などの方も手術を受けています。今では手術の種類も増えてきており、目の状態などで医師と相談して方法を決めていくようになっています。

 

手術の順序として、適切な検査を行う必要があります。検査の結果で手術を行うかどうか医師の判断で決まってきます。その後カウンセリングを行って目の状況や手術方法などきちんと医師が伝えてくれます。

 

手術を受けたいが不安があり、なかなか一歩を踏み出すことができない方も多いと思います。今のまま、メガネやコンタクトで一生涯生活をしていくのか?それとも夢にまでみた、裸眼で生活していくのかは自分の決めることだと思います。

 

手術の時間も15分から20分で終わると言われています。入院の必要もありません。しかし、手術後のケアをしっかり行っていく必要があります。また、術後も定期健診にはきちんと行く必要があります。

 

また、費用面では保険適応外となっていますので、全ての費用面で自己負担となります。そのこともきちんと含めて考える必要があります。