コンタクトレンズのメリット・デメリット

 

視力が低下している方にとってコンタクトレンズは欠かせないものだと思います。コンタクトは、目の表面に乗せて利用する極薄のレンズなのです。角膜とレンズの間はメガネのように空気ではなく水分で密着させるようになっています。

 

メガネを利用している方がコンタクトに変えるという方は非常に多くなってきています。しかし、コンタクトにもメリット・デメリットもあります。

 

高度な近視の方は、よく分厚メガネをかけています。しかし、コンタクトに変えたとき見えかたについてかなりの差が出てくると言われています。視野が広く見えるようになったり、明るく見えるようになったという方も大勢いらっしゃいます。早くコンタクトに変えればよかった。という声です。

 

最近はコンタクトも毎日取り換えるタイプもあります。手入れが負担となっている方も多いと思いますが、そんな方はワンデータイプのものがお勧めです。色々な面をメリットと感じている方は多いと思います。

 

デメリットについてですが、コンタクトを利用する際はきちんと清潔に保つ必要があります。目の中に入れるものなので、ゴミがついていたりするとそれが目に入るということを忘れないようにしましょう。

 

また、ドライアイなどの方は利用する事が不可能です。水分が満たされているのがコンタクトレンズを愛用する際の条件になっているので、ドライアイの場合はトラブルが起こってしまう可能性もあります。初めての方はきちんと説明を受けた後に購入するようにしましょう。

 

アレルギー体質の方もコンタクトの利用が不可能です。目に入れるものなので目に細菌が入ったりすることもあります。そんな場合には充血してしまう原因になってしまうこともあり、着けていても違和感を感じてしまいます。

 

コンタクトを利用する上での注意点としては、面倒ですが毎日のケアが必要になってきます。清潔にしてコンタクト使用するようにしましょう。また、定期的に検査を行うことも忘れないようにしましょう。