コンタクトやメガネ

 

視力矯正方法として一番最初に研究されて、昔から、長く愛用されているのはメガネです。今の時代の方はもちろん昔は視力を矯正する方法はメガネしかなかったのです。

 

今でこそ様々な方法で、視力矯正が出来る時代になってきましたが、少し前までは、メガネやコンタクトで矯正する方がほとんどでした。今の時代では、視力に関係なくメガネやコンタクトをお洒落に愛用している方も多くいらっしゃいます。

 

視力が低下している方には二通りの考え方があります。メガネやコンタクトで視力矯正する事で満足している方と、最近、視力矯正手術として視力回復を望む事が出来る、レーシック手術を受ける方とあると思います。

 

小さなころからメガネで視力矯正をしてきた方にはレーシック手術で視力矯正が出来るという事や、メガネが不要になるといった考えをもっているかたは手術をする事に対して魅力を感じていると思います。しかし、手術まで行って視力矯正は望まない、メガネやコンタクトでいいと考えている方もいます。

 

いろいろな考え方がありますが、それぞれどの矯正方法もメリットもあればデメリットもあります。メガネの場合ですが、定期的に検査に行く必要があり、視力の低下などによっては作り替えたりしなくてはなりません。また、食事の際に湯気が出ているものを食べる時、メガネが曇ってしまったりする場合もあるのではないでしょうか。

 

コンタクトについてですが、コンタクトは手軽に利用できますが、手入れなどをきちんと行っていく必要があります。慣れるまでは、目の乾燥が気になってしまう方もいますし、コンタクトも定期的に検査が必要になってきます。最近は一日で取り換えるタイプがありますが、それは費用面でも少し高めとなっています。

 

色々なメリットやデメリットはその人によって考え方も違ってくると思います。その中でレーシックを考えている方も多いと思いますが、手術を行う前にきちんと情報を収集する必要があります。それぞれの状態に合わせて考えていく必要があります。

 

また、ネット上では手術を行った方の意見やQ&Aなどありますので、それを参考にして自分にとって向いているか、向いていないか考える必要があります。