向いていない人

 

レーシック手術に向いていない人は、未成年の方は向いていません。理由としては、眼球の成長過程にあるために、受ける事はできません。高齢者の方も、老眼はレーシックでは治す事が出来ないので向いていません。

 

また、白内障や緑内障などの方も向いていません。手術を考える前に白内障や緑内障の治療を行う必要があります。重度なドライアイの方も目の疾患がある場合などは、手術によるリスクが普通の方よりも大きくなってしまうために、向いていません。

 

また、糖尿病や神経疾患、肝炎などの内科の病気がある場合にも、角膜の再生や治りが遅いと言われており、手術を受ける事ができません。妊娠中の方、授乳中の方も、向いていません。

 

妊娠中の方や授乳中の方は少し落ち着いてから手術を考えるようにしましょう。手術を行う際に、向いている方と向いていない方がいますが、回復が出来ない場合や、リスクが高くなってしまう場合に受ける必要はないと、考える方も多いのではないでしょうか?

 

視力の事で大きなコンプレックスを抱えてきた。と言う方が受ける事ができない場合には大きなショックとなってしまいますが、仕方がないと思います。

 

どうしても、受けたい場合は大手の病院に相談に行ってみるようにしましょう。今では、職業を探す場合にも視力制限がある職業がありますが、レーシックによる視力矯正が認められている職業と認められていない職業があります。

 

メガネやコンタクトでの矯正は認められても、レーシックでの矯正を認められていない職業がありますので、きちんとその辺も調べておくようにしましょう。

 

自分の夢のために手術を受けると決めて受けたのに、認められなかったという事例もあります。手術を受ける前にいろいろな情報を集めるようにして、自分は手術を受ける事に向いているかどうか検討する必要があります。

 

手術前には考え方を変える事はできますが、手術を受けた後、後悔してしまってもどうにもなりません。いろいろな事を把握した上で手術を受けるか、受けないか決めるようにしましょう。