向いている人

 

レーシック手術に向いている方は、大きなメリットを感じる事が出来る方です。メリットがないのに手術を受ける必要はありません。手術を行いたいと思う方の中で受けると決める理由をきちんと考えてみるようにしましょう。

 

レーシックは、メガネやコンタクトでは視力回復が制限されており、思い通りの矯正が出来ない方や、体質などで、コンタクトレンズが使用できない方に向いています。メガネで不備を感じていて思うように運動など行う事ができない方には向いていると言えます。

 

また、手術が必要ない程度の視力の方でも手術を受ける事は可能となっています。最近は職業面において近視では採用してもらえない職業もありますが、そんな職業を希望している方や、スポーツも柔道やレスリング、相撲、バレーボールなど、メガネやコンタクトを使用していると危険を伴う場合もあります。

 

そんな方は、レーシック手術を検討してみる事もお勧めです。日常で不備がない方にとっては、何もありませんが、いろいろな面で不備を感じている方にとっては手術を受ける事は向いていると言えます。

 

また、ゴルフなど視力の良さが直接的に結果となってしまうスポーツなどをしている方にも向いています。考え方は様々ですが、趣味でスポーツを存分に楽しみたい方などもお勧めです。

 

趣味のために手術をと考える方もいると思いますが、メガネやコンタクトを小さい頃から利用している方にとっては、視力矯正は夢みたいなものだと思います。今までは、メガネで生活していたのに、矯正して「自分の目で見る事」「不備を感じない事」毎日が楽しくなったと言う声も少なくありません。

 

視力が良い方にとってはなんでもない事でも、視力が低下している方にとっては大きな問題を抱えている方が多いのです。メガネからコンタクトに変えたと言うだけでも大きな喜びがある方もいます。

 

しかし、コンタクトにしても、手入れなどの手間がかかってしまうので負担に感じている方も多いのですが悩みを解決する方法としてレーシックはお勧め出来ます。