年齢

 

レーシックを受けるに当たっての年齢制限ですが、20歳〜50歳程度が一般的と言われています。この年齢はあくまで標準なので、個人差によっては出来る場合もあります。

 

20歳からという理由ですが、手術は角膜を整形する手術なので、眼球が成長段階にある20歳未満の方は、手術を受けても望むほどの視力回復効果が得られない可能性があるからなのです。

 

一般的には、人間の眼球の成長が止まる時期として、20歳前後と言われています。しかし、人によって、20歳過ぎても成長する場合もあります。様々な原因で視力の変化が顕著な場合には、20歳以上であっても検査の段階で施術が出来ない場合もあるのです。

 

年齢の上限としては50歳までが一般的となっていますが、老眼や白内障などがあり、進行の度合いで受ける事が出来るかどうかは決まります。老眼は角膜ではなく、角膜の奥に水晶体が老化してしまう現象なので、角膜を手術したとしても、期待通りの視力回復を得る事ができない場合もあります。

 

白内障の方も同じで、白内障は水晶体が白く濁ってしまう事が原因となって起こってしまうために、レーシックで視力回復は難しいと言われています。

 

年齢制限はありますが、手術のための適応検査を行って問題ない方は、年齢に関係なく受ける事が可能となっています。異常がある方は、手術を受ける事はできません。白内障や老眼で手術を受ける事が出来ない場合ですが、眼科では老眼の治療や白内障の手術などは行う事が可能なので、医師に相談してみるようにしましょう。

 

どうしても視力回復を望む方は、大手のレーシック眼科などに相談してみるようにしましょう。白内障などは治療を行って問題なければ手術を受ける事が可能な場合もありますので、聞いてみるようにしましょう。

 

年齢制限についても一度検査をしてみないとわかりませんので、手術を考えている方は検査だけでも受けてみるようにしましょう。多くの方が手術を望んでいますが、出来ない方もいますので、その事は頭に入れておくようにしましょう。