副作用

 

レーシック手術は外科手術となっており、中でも安全と言われている手術ですが、稀に副作用を発生してしまう事もあります。その中でも多くの方が「ドライアイ」になってしまいます。原因としては手術後に感染症を抑えるために点眼安を使用するようになっているのですが、これが原因となって涙の分泌が減ってしまう事です。症状は目が乾いてしまいます。しかし、ドライアイは通常一ヶ月〜三ヶ月程で治ると言われています。


                                                                       
回復が遅い方もいますが、涙成分が入った、点眼薬や軟膏を処方してもらう事で治ります。ドライアイの注意点ですが、手術後に目が乾いてしまうからといって、市販の目薬などは使用しないようにしましょう。きちんと手術を受けたクリニックに相談へ行き、薬が必要な場合には処方してくれます。

 

手術後の副作用としてですが、ドライアイになってしまう方は、コンタクトレンズを長期間使用していた方ほど、内皮細胞が減少している可能性が高いといわれていて、手術後にドライアイになってしまう方が多いようです。

 

結膜下出血も手術後に起こってしまう方がいます。結膜部分が内出血してしまうことですが、手術ではフラップを作成の際に、角膜を吸引して固定するようになっています。特に目の動きが激しい方は、吸引力を上げて強く固定する場合もあります。そんな方は出血しやすくなってしまいます。この症状は視力には関係なく、数日で完治するといわれているので心配はいりません。

 

しかし、気になって仕方がない方は医師に相談するようにしましょう。また、結膜下出血も三日〜五日で完治すると言われていますが、長期になると他に問題があるかも知れないので手術を受けたクリニックに問い合わせるようにし、検査に行ってみるようにしましょう。

 

また、レーシック手術後は視力が低下してしまう方もいます。一時的に遠視の症状が現れる場合もあります。しかし、時間が経つにつれて治る症状と言われていますが、まれに、遠視が残ってしまう方もいると言われています。そんな方は再手術が必要となってしまう場合もあります。

 

でも、すぐに手術を行う事はできません。最低一年間は間をあける必要があります。それから、再手術となります。