安全?

 

レーシック手術を受ける際に、一番問題となってくるのは安全面だと思います。99%安全が認められていると言われていますが、本当に?と思う方も多いのではないでしょうか。

 

誰もが気になって仕方がない事だと思います。どんな手術を行うにしても安全性は気になるものです。「手術は痛くないのか」「本当に視力回復できるのか」「失明の可能性はないのか」などいろいろな面で不安を抱いてしまっている方も実際に多いのです。

 

手術の痛みについては、点眼麻酔を行っての手術となっていますので、手術中の痛みはありません。しかし、全身麻酔ではないので、物音などは聞こえる状態で手術を行います。麻酔をする際も点眼で行うので痛みはないようです。手術後麻酔が切れた後に、目に異物感などを感じる方もいますが、症状としてはハードコンタクトを初めて入れた時の感じとなっています。

 

視力回復については目の状況や度数などで差が出てくる事はありますが、80%の方が1,0以上に回復できると言われています。0,7以上の回復を望んでいる場合ですが、95%の方が回復できたというデータがあるようです。

 

一番怖いのが、手術の失敗によって失明するのでは、と言う事が挙げられますが、今までにそんな事例はありません。また、手術も角膜の表面を行う手術となっていますので、失明の可能性はありません。

 

しかし、術後ケアをきちんと行っていく必要があり、ケアをしていくかどうかで、後遺症や合併症などが起きてしまう可能性がありますので、術後は医師の指示に従ってきちんとケアしていく事が大切になってきます。

 

手術を10年前に受けた方ですが、今も視力回復を維持していると言う実際の話もあります。日本ではなくアメリカの方ですが、今は、実績も経験もさらに進化しているためにいろいろな面で安全と言えます。

 

手術を受けるかどうかを最終的に決めるのは自分です。きちんと安心して手術が出来るように、いろいろな情報を元にして考えてみるようにしましょう。安全面についてもネットで様々な声を聞く事によって、認められている事がわかると思います。