目の検査

 

レーシック手術を行う前には、手術に適応できるかどうかの判断が必要となり、様々な目の検査を行う必要があります。手の込んだ検査もあり、少し時間はかかってしまいますが、細かい検査をすることは手術を行うに当たってはとても重要になってきます。

 

目の検査内容は、角膜検査、眼底検査、裸眼、矯正の視力検査、眼圧測定検査などを行う必要があります。角膜検査では、角膜の形状、屈折率などの検査が必要となっています。検査方法としては、角膜の厚みを正確に計測して撮影します。この検査は手術を受ける事が出来るかどうかの判断のために大切な検査となっています。

 

眼底検査は瞳孔が開いた状態で眼底を撮影して、網膜に異常がないかどうかを判断するために必要となってきます。検査を行う際には瞳孔を開く作用がある目薬を使用して行うようになっています。検査の結果異常がなければ手術は可能ですが、網膜などに穴があいている状態や、厚みが薄い場合には手術前に治療を行っていかなくてはなりません。

 

裸眼、矯正の視力検査ですが、普通の目の視力検査と同じように、裸眼視力と矯正視力を測定していきます。この時、同時に近視や乱視などの屈折異常の度数なども測定するようになっています。度数を元に手術の際レーザー照射量を決定しなくてはいけませんので、右、左両方どの程度のレーザーを当てて行くかの判断を行う材料となっているので大切な検査です。

 

眼圧測定検査ですが、眼球に風を当てて眼圧が正常かどうか見極める必要があります。眼圧に異常がある場合には緑内障などの疑いも出てきますので、緑内障の場合には手術を受ける事ができません。

 

手術を受ける前にいろいろな検査を行っていきますが、どの検査もとても大切なので、きちんと受けるようにしましょう。また、その他にも角膜内皮細胞などを撮影したりする事もあります。この検査では、眼球の健康状態を調べる事ができます。

 

検査のほとんどが機械の前にいるだけで時間がかかる場合がありますが、目の中などを撮影してきちんとした検査を行っていきます。