レーシック後の生活

 

レーシックを受けた後の生活ですが、色んな疑問があると思います。「普通の生活ができるのか」と言う事が多くの方の中では気になっている大きな質問ではないでしょうか。

 

手術を受けた後は制限があります。1番重要な事ですが、お酒やたばこは手術当日から4日間は禁止となっています。自分がタバコを吸っていない方の場合、周りの方が吸っている場合はその場から離れる必要があります。煙が目に入ってしまうからです。4日間はタバコの煙のない環境で過ごすようにしましょう。

 

また、女性の方ですが化粧は手術後3日間控える必要があります。特にアイメークやアイシャドウなどは手術後1週間程度、利用しないようにしましょう。化粧を必要とする職業などの場合には1週間の休みをとる事が出来る機会を作るようにしましょう。

 

入浴についてですが、手術の翌日からシャワーは出来ますが、注意点があります。首から下だけを流すようにしましょう。顔や目に水しぶきがかからないように注意する必要があります。手術3日後からは髪など洗う事も可能ですが、目や目のまわりはなるべくこすらないようにしましょう。

 

激しい運度も控えるようにしましょう。車やバイクの運転ですが、手術後は見え方になれるまで、2ヶ月〜3ヶ月はなるべく控えるようにしましょう。昼間は特に問題ないと思いますが、夜間は光がぼやけて見えたり、見えにくかったりする場合がありますので危険です。時間が経つにつれて慣れてきますので、それまでは運転はなるべく控えるようにしましょう。

 

色んな生活面で手術を受ける時期をきちんと決めるようにしましょう。できれば夏は避けるようにしましょう。夏は汗をかきます。手術後汗が目に入ってしまったりすると大変なことになってしまいます。汗かきな人は得に季節を考えて手術を受けるようにしましょう。

 

また、手術後は人込みを避けるようにしましょう。レーシックを受けた後は日常の生活には支障が出てくる面もありますが、入院の必要もなくその日に帰宅する事が出来ます。また、生活面で注意する期間としては術後3日〜10日程ですので、その期間だけ気をつければ視力回復もすぐ目の前です。また、手術後は人込みを避けるようにしましょう。