カウンセリングの重要性

 

手術を受ける前はカウンセリングを受ける事がとても大切です。後で後悔してもどうにもなりませんので、きちんとカウンセリングで自分の聞きたい事や不安を取り除いて手術を行う必要があります。

 

手術を受けた9割以上の方が視力1,0以上回復すると言われているレーシック手術ですが、カウンセリングで目の状態や手術の説明はもちろん、自分の不安の相談だけでなく、医師や医療機関をチェックするにはとても必要なのです。

 

また、話を真剣に聞いてくれるか、対応はどうか、院内の雰囲気、設備、などもカウンセリングの際自分の目で確認する必要があります。手術を受ける際に1番重要な問題となってくるのが、信頼性です。

 

どれだけ自分が信頼できるかは、カウンセリングを受ける事で色んな事がわかってきますし、丁寧に説明を受ける事でわかりやすく聞く事ができますが、流れで説明する場合は自分が把握できない場合もあります。

 

カウンセリングである程度の事を聞いて自分なりに納得した上で手術を行うようにしましょう。カウンセリングでメリット、デメリットをきちんと聞いた上で検討する必要があります。

 

中には色んな考え方があり、「視力矯正」出来るなら早くしたいと言う考え方もありますが、きちんと色んな事を把握する必要があります。

 

手術を受ける前のカウンセリングの重要性は、自分が安心して手術を受ける必要があります。不安や疑問を取り除く事を始め信頼や手術後のケアなどもきちんと知っておく必要があります。

 

また、費用面においてもきちんと聞いておく必要があります。レーシックを受ける手術前、手術中、手術後のケアなどきちんとカウンセリングの時に説明をしてもらうようにしましょう。それだけでも自分の不安や疑問などもなく手術を受ける事が出来ます。

 

カウンセリングでは日常生活などについても聞かれる事がありますが、きちんと正直に答えるようにしましょう。生活状況や目の状態によって、個人の状況を知る事は医師にとってはとても大切になってきます。