レーシックの歴史

 

レーシックの歴史ですが、1975年にエキシマレーザーが開発されました。1980年代から眼科への臨床応用が行われるようになり、1990年にギリシャから始まりました。

アメリカではエキシマレーザー装置による屈折異常の治療としては、1995年にFDAから認定されたと言われています。

 

今はアメリカ国内で年間の患者数が100万人以上となっています。アジアでも注目されるようになり、シンガポール、台湾、韓国などは、日本よりも早くレーシック治療が始まっていたのです。

 

韓国では患者数も多いと言われていて、日本人の2倍の患者がいると言われています。日本では治療用のエキシマレーサーが1998年に認可されました。2000年1月に厚生省によって、製造承認されて、エキシマレーザーの安全性が認められています。

 

その後日本でも多くの方が治療を行っています。スポーツ選手や芸能人の方も治療を受けています。

 

エキシマレーザーについてですが、波長193ナノメーターという非常に短い波長のレーザー光線となっており、この光線を利用して角膜や角膜の周りに障害を与える事は少なく、コンピューター制御で安全性にも優れていますので、正確に角膜を切除する事が出来るのです。

 

日本での歴史については2000年にエキシマレーザーでの治療が認定されて、視力回復手術が行われるようになっていますが、アメリカなどと比べると患者数の少なく、経験している医師も少ないのです。日本では歴史が浅い状態にあり、数十年後の状態はわからない状態にはありますが、2000年には2万人の方がレーシック手術を受けていますので、今からは増えて行くと予想されています。

 

歴史はまだまだ浅い状態で手術後の後遺症などが心配で手術を思いきれないという方が多いのも事実です。しかし、これからも、技術の進歩が進む事によって、安全性も今より高くなっていくと言われています。

 

インターネットで手術を受けた方の声を聞き、きちんと信頼できるクリニックで手術受けるようにしましょう。費用面もきちんと確認する必要があります。