手術後

 

レーシックの手術後はケアが必要になってきます。手術を受けたからにはきちんとケアしていくようにしましょう。手術後は、手術前や手術中とは違う不安を抱く方もいます。

 

手術後は入院の必要もないので、すぐに仕事など日常の生活で眼を使用します。車の運転などはきちんと医師に確認する必要があります。手術後に検査がありますが、検査をしてきちんと説明を行ってくれますので安心です。

 

視力回復を確実なものにするためにもきちんと説明を聞くようにし、日常で気になる事は聞いておくようにしましょう。手術後は眼を保護するためにサングラスなども必要になってきますが、最近はサングラスもオシャレでかけている方も多いのでレーシックをしたとは気づかれません。

 

医師が指示する通りに手術後のケアを行っていく事で、手術後1ヶ月程で角膜上皮層の傷は修復されるので心配はありません。1ヶ月後に角膜上皮層が修復されていれば、失敗を心配する必要はなくなります。

 

手術後の注意点としては何点かあります。眼にゴミやホコリが入らないように十分気をつける必要があります。また、フラップが不安定になってしまったらいけないので、眼をこすったりしないようにし、眼の周りもなるべく触らないようにしましょう。

 

また、眠っている時などに無意識に眼をこすったりする事もあるので、保護用のアイマスクなどを利用するようにしましょう。手術後はしばらくスポーツや運動は避けるようにしましょう。また、水泳は絶対に避けてください。

 

お風呂ですが、手術後2日〜3日は、首から下はシャワーを利用し、首から上は水がかからないように気をつける事も必要になってきます。

 

化粧も控えめにし、アイシャドーやアイライン、付けまつげなどは利用しないようにし、眼に違和感を感じたり、異常を感じた時は、すぐに手術を受けたクリニックに行くようにしましょう。

 

レーシック手術は、手術後のケアが重要となってきますので、すぐに行けるクリニックなどで手術を受ける事をオススメします。近くの方が不安など相談の行きやすい面ではオススメです。気になる事は遠慮なく相談するようにしましょう。