手術前

 

レーシック手術の成功率99%と言われています。成功率も高いため、多くの方が手術を受けています。ほとんど失敗がなく安全性も高く視力矯正が出来ると言う面で最近は受ける方も多くなってきています。

 

手術を成功させるには色んな情報の収集をするようにしましょう。成功率は高いですが、「自分の大切な目の手術という事」は忘れないようにしましょう。

手術を受ける前にきちんと医師と話をする事が大切になってきます。手術を受けると決めても色んな面で不安はあると思います。疑問などもきちんと取り除く必要があります。

 

手術前にきちんとカウンセリングを受けるようにして、疑問がある方はきちんと質問するようにし、不安を無くす事が重要になってきます。

また、先生の話し方など、自分が先生を信頼できるかどうかもかかわってきます。手術を受ける前に検査がありますが、検査の行い方なども関係してきます。

 

相談をした際に、親身になってくれるかどうかも成功の秘訣となっています。また、注意事項やリスクなどきちんと話してくれる先生を選びましょう。

この時何の知識もない方は、なんでも納得してしまう事になってしまいかねません。手術を受けると決めたら、受ける前にきちんとした知識を自分なりにつけておく必要があります。

 

手術前の基本的な検査ですが、裸眼視力検査、矯正視力検査、角膜曲率半径測定、屈折力測定、眼圧検査、角膜形状解折検査、角膜厚検査、角膜内皮細胞検査、瞳孔径の測定、眼底検査、涙液検査、細隙灯顕微鏡検査などが行われます。

 

色んな事を調べ、手術が可能かどうか効果は期待できるかなどの検査となっています。手術前の検査もたくさんありますが、負担に感じてしまうような検査はありません。

この時の注意点として、検査方法で丁寧に行ってくれているかどうかも自分でわかると思います。手術前の注意点としては、体調を整える事、健康な状態で手術を受けるようにしましょう。

 

コンタクトレンズの使用ですが、ハードの場合には手術の1週間前から利用できません。ソフトの場合には3日前から利用を中止して、角膜を自然な状態にしておく必要があります。