乱視でも手術を受けられる?

 

レーシックがお勧め出来る方として、メガネやコンタクトレンズで矯正する事が難しい乱視がある方はレーシックを考えてみる事をお勧め出来ます。

 

乱視の場合は手術で治る可能性は高いと言われています。また、近視と乱視の手術は同時に行う事が出来ます。しかし、すべての方に適応されるわけではないので、きちんと検査などを受ける必要があります。

 

乱視の症状ですが、角膜の球面が歪んでしまい、起こってしまう状態なのです。目に光が網膜まで届く間が乱れてしまっており、焦点が合わなくなってしまうのです。

 

乱視の要素は誰もが持っているのですが、軽度な乱視の方は問題ありませんが、重度な場合はものが多重に見えてしまう現象が現れる方もいます。重症な症状が現れた場合は視力矯正する必要があります。

 

また、乱視にも、正乱視と不正乱視の2点があります。正乱視の状態は視屈折した光が2ヶ所で焦点を結んでしまっている状態となっています。症状としては、ものがぼやけて見えたり、同じものが重なって見えたりします。乱視の種類は2点ありますが、ほとんどの方が正乱視となっています。

 

不正乱視ですが、角膜の表面が不規則に変化してしまうために、焦点が結ばれなくなってしまいます。そのため不正乱視の方はメガネで矯正する事はできません。

 

不正乱視の方はコンタクトレンズで矯正しますが、それもハードコンタクトレンズを使用するか、視力回復手術が必要になってきます。目の症状においてもかなり違ってきますが、乱視の方の場合は色んな症状が現れる方もいます。

 

代表的としては、疲労による頭痛などが現れます。また、昼間はそこまでありませんが、夜間にものが見えにくくなる場合もあります。車の運転などをする方は、信号機や電光の掲示板などがぼやけて見える現象もありますので十分な注意が求められています。

 

また、乱視の場合症状で違ってきますが、ものが二重に見えたり三重に見えたりする事もあります。色んな事を改善していくために一番オススメはレーシック手術を受ける事です。

不安がある方や抵抗がある方もいると思いますが、乱視の場合には症状などを把握した上で何が自分にとって一番か考える必要があります。