近視でも手術を受けられる?

 

レーシック視力回復法は高精度の医療用レーザーを角膜に照射して屈折を矯正していきます。角膜や水晶体の屈折の状態で起こってしまう近視の方でも治療を行っていく事が出来ます。以前はメスを使用した矯正手術が行われていましたが、最近はレーザーで治療出来るようになっています。


近視の種類も様々となっています。一般的な近視、強度な近視がありますが、強度な近視の場合でも手術を受ける事は可能となっています。効果がでるもの早く、痛みもほとんどないことから人気となっています。


決められたルールに従って手術を行う事で、完全に1,0程度まで視力を改善する事が可能となっています。レーシックはスポーツをしている方、仕事上肉体労働で体を良く動かす方、メガネやコンタクトレンズで不便を感じている方にとってはとても人気の治療法となっています。


近視の種類ですが、屈折性近視、軸性近視、偽近視などがあります。近視は異常によって、眼球内に光が入ってしまい、網膜より手前で焦点を結んでしまう状態となってしまいます。それが原因となってしまい、遠くのものが見えにくくなってしまう状態にあります。また、種類によって状態は異なってきます。


屈折性近視の場合には水晶体や角膜が曲がってしまう率が強いために、焦点が近すぎてしまうために、網膜より前方に焦点を結んでしまっている状態の事となっています。症状によって異なってきますが検査できちんとわかるようになっています。


軸性近視についてですが、眼球が通常より長くなってしまう事によって、水晶体と網膜との距離が長くなってしまう症状となっています。


また、偽近視は、眼精疲労などによって、一時的に見えにくくなってしまう現象となっています。日常で目を使いすぎたり、パソコンなどを利用したりの仕事の場合どうしても1点だけを見つめてしまいます。それが、偽近視となる原因の1つとなっています。


日常でも色んな面に注意する必要があります。近視でもレーシックは可能となっていますので、きちんと検査を行って受けるようにしましょう。