レーシックと目の病気

 

レーシックは、手術によって視力を回復していきます。利用者の目の状況などによって手術を受ける事ができない場合もあります。その理由としては、目の病気がある方は感染症などの危険を伴う事もあり、効果も一般的に健康な方に比べると期待できない場合もあります。

 

代表的な目の病気として、緑内障や白内障、円錐角膜、網膜疾患などが挙げられます。その症状においても手術を行うに当たっては検査が必要になってきますし、手術を受ける事ができない場合もあります。

 

症状としては、緑内障の場合ですが何らかの原因で眼圧が上がってしまった状態となってしまい、血液の流れが悪くなってした結果が視神経障害となってしまい起こってしまう病気です。視野が狭くなってしまう事を始め失明してしまう事もあると言われています。

 

白内障については、眼の中にある水晶体が白く濁ってしまう病気です。眼球に入る光が網膜に届きにくくなってしまいます。それが原因となってしまい、眼が霞んでしまう事もあり、光を眩しく感じてしまって、ものが見えにくくなってしまいます。原因としては主に老化と言われていますが、最近では若い方もいます。

 

円錐角膜は、本来球状の角膜が円錐状になって行く目の疾患の事です。思春期に発症する事が多いと言われており、強度な近視や不正乱視になりやすいと言われています。円錐角膜に対しては、角膜が薄くなってしまっているために、レーシック手術を受ける事は難しいと言われています。

 

網膜疾患については、網膜に穴が開いてしまい網膜裂孔、その網膜裂孔がさらに進行してしまい、網膜が剥がれてしまい視力の低下を招いてしまうのです。網膜疾患の方は基本的には手術を受ける事はできません。

 

目の病気にも様々な症状があり、手術を受けるには病気の改善が必要になってきます。自分の症状を把握した上で治療を行っていく必要があります。

また、治療法ですが自分の目の状態に合わせて、医師と相談しながら行っていく必要がります。